相続税の還付に必要なのは専門知識をもった「土地」に強い税理士!

相続税の還付について

相続税の還付の計算イメージ

CCクリームのように新しいものが出ると、一度は試したいという気持ちを持つ人は多いと思います。
試したことにより効果の高さを実感出来たりするので、そういった好奇心はとても素晴らしい物です。

それでは相続税の還付について試したいと思ったことはありますか?
実は気付かずに多くの相続税を払ってしまっていることがあるのです。

いざ相続をする場面に遭遇した人は、大抵が専門知識がない故に「相続税」に対して何も疑問を持たずに払ってしまっているかもしれません。

実は過去5年以内に相続税を納めた人は、多くの場合「相続税」は還付してもらうことが出来るんです。

その理由は「土地」にあります。
たとえば相続した土地が広大地の適用をうけることの出来る土地だった場合は減税の対象になります。

その他にも相続税が戻ってくる可能性の高い土地はいろいろあるんです。

多く支払ったからといって税務署が教えてくれるわけでもないため、無駄な税金を払っているかもしれないのです。
もっと多くの人が「相続税の還付」があるということを知る機会があると助かりますよね。

まずは、相続税に強い民間出身の税理士さんなどを探し、きちんとした専門知識のもと土地の評価をしてもらうことで払った相続税が戻ってくる可能性がありますよ。

相続税が戻ってくるポイント

担当した税理士がどれだけ「土地」に詳しい人かによると思います。

相続税における「土地」の評価には、建設基準法、都市計画法といった不動産関連法規の専門知識が要求されるため、相続する場面になったら相続税専門の税理士をみつけ、相続した土地がどれほどの価値があるのかきちんと見直しをしてもらうことがポイントになると思います。

相続税の還付手続きを依頼すべき会計事務所や税理士法人

何十年も看板を掲げていたり、古くから知り合いの税理士に頼むのではなく「土地」の評価がきちんとできる建設基準法や都市計画法などといった、不動産関連法規に詳しい専門知識をもった経験豊富な相続税専門の税理士さんがいるところに依頼するのが良いと思います。